彼氏を作るには~恋愛上手に聞いた彼氏を作る方法~

彼氏ができない人には共通点があります。彼氏を作るにはそのために行動を変えなければいけません。彼氏ができない人に彼氏の作り方をご紹介。

*

彼氏ができない理由と彼氏を作る方法

彼氏ができない女性の共通点

彼氏が欲しいのになぜかできないという人や、美人なのになぜか彼氏ができない方はいませんか?
意外と自ら彼氏ができない行動パターンをとっているかもしれません。

≪彼氏が欲しいのにできない?!願ってもいないおひとり様女子の傾向。≫

1.こだわりが強い


こだわりが強いことって一見悪いことには思えないですよね。
女性としてこだわりを持って貫いていることは素敵ですが、さて恋愛となると、対 相手。
男性から見るとあまりに強いこだわりは、近寄りがたいものです。

・好きな俳優やミュージシャンを熱烈に応援している
・食事をする時はチェーン店はNG!おしゃれなあのお店で
・他の人が決めた事・物をセンス無いなと感じることがある
・人と同じもは絶対に嫌、自分のセンスを光らせたい などなど…

あなたとしては良かれと思ってこだわっていることも、相手の男性から見るとなんだか
近寄りがたい気難しい女性に映るかも。
あまりに偏ったこだわりは彼氏が欲しい女子は要注意。
男性から見ると何をプレゼントしても、どこに誘ってもよく思われなそうと感じ誘われづらくなっているかもしれません。
あなたのあふれるセンスは素晴らしいもの。
でも、そんなこだわりの中にも、他の人のセンスを受け入れる隙を作っておいた方が良さそうです。

2.自分の時間を大切にする


これもまた、自分をしっかり持っている素敵な女性って感じもするのですが、さて恋愛となるとどうでしょう。
あなたは相手の男性との他愛もない「特に意味のない時間」に、自分の時間をどのくらい割けますか?

・ひとりで本や漫画を読むのが好き
・買い物はひとりの方がいい
・休日はひとりで美術館や映画館などに出かける
・一人旅も余裕むしろ好き
・仕事以外に熱中していることがある などなど…

はっきり言って素敵なオトナ女子です!が、彼氏が欲しいんですよね?!
それなら、相手の男性との「なんでもない」時間も楽しみましょう!
ひとり行動や趣味にかける時間が多く誰かと出かけたりするのがめんどうになっていたり。

恋愛ってなんかめんどうって思っている人はこのタイプの人が多いかもしれませんね。
恋愛はめんどうなものです。だって自分でも家族でもない他人のしかも異性と、コミュニケーションを
とって分かり合えないのに理解しあっていくものなんですから。
とってもめんどうなんですが、それ以上に、家族にも友人にもない特別な感情や関係を得る事ができます。
愛し合うってとっても素晴らしいことなんです。

時には、相手に振り回される時間も必要です。
めんどうだなと思っても、気になる相手からのお誘いであればつまらなそうな内容でも
とりあえず行ってみましょう。

3.男子に頼らずともなんとかなる


女性にもてる女子になっていませんか?
これは一番注意が必要です。カッコいい女子になりすぎてしまって男性の入る隙が全くありません。

・ひとりでどこでも行けちゃう
・ひとり外食できる
・女友達と遊びやイベント事はいつも自分が段取りしている
・重いものでも運転でも日曜大工でもとにかく頼らない
・甘えるのが苦手

そうです、甘えていいんです。いえ、甘えてください。
あなたは自分でなんでも出来すぎちゃうんです。
男性はなんだかんだ「女性を守ってあげたい」という気持ちや「頼られたい」という気持ちが少なからずあります。
私たち女から見ると意味不明ですが、「かっこつけたい」生き物なのです。
かっこつけさせてあげましょう。女性にモテるカッコいいあなたは、男性から見ると自分がかっこつかないほどに
なんでも出来ちゃっていませんか?
しかも自分でなんでも出来すぎてしまう女性は、うっかりダメンズを引き寄せてしまうので要注意です!

時には、ちょっとおバカなか弱い女子な一面も持ち合わせておきましょう。
(嫌だとは思いますが、、、とにかく彼氏が欲しいのであればやってみましょう。)

4.男友達も女友達も多い


これはなぜなの?と思いますよね。
すべての人に言えるとは限りませんが、単純に友達とし対人関係を形成しているパターンの人です。
特に男友達が多いのに彼氏がいない人は、その典型ではないでしょうか。

飲み会やイベントごとには顔を出すけど、恋愛まで発展しない。
そんな人は、はじめから自分で相手を友達として関係をスタートさせていませんか?
または毎回相手に友達スタンスをとられてしまう場合も、自分がどこかしら「友達よ」オーラを出している
パターンが多いです。「オンナ」という生き物だと認識させなければ恋愛には発展しづらいもの。
セクシーな洋服にしろとは言いませんが、女性らしさは持ち合わせた方がいいですね。

まわりにいる男性はすべて「オトコ」です!
可能性は0ではありませんので、友達と決めつける前にまずは、異性として相手を観察してみましょう。

5.本当に彼氏が欲しいのか?


ここまで自分の行動を思い返したあなたは、果たして本当に彼氏を欲しいと思っていますか?
なんとなく「このままひとりではいけない」と感じたり、「年齢的に」とか、「まわりの友達はみんな結婚している

など周囲に影響されていませんか?
本当のtころ、あなた自身はどう思っていますか?

そもそも彼氏を欲しいと思っていないのかもしれません。

もしそうであれば、今はそのタイミングではないのでしょう。

出会えるキッカケの場所の紹介

さぁ、そんなことはない!本当に彼氏が欲しくて欲しくてたまらないというあなた。
努力しているのにできないのであれば、そもそも出会っていないのではないでしょうか?

≪男性と出会える、友達ではなく異性としてのキッカケの場所。≫

1.職場(または学校)で相手を探す


「えーっ?」と思ったあなた。なぜでしょう、人生で一番多くの時間を過ごしているのは、
職場(または学校)です!!
しかし「いやいやそんな人いないよ、おじさんしかいないわ、うちの職場」なんて方もいるでしょう。
しかし、何を隠そう一番の時間を過ごしている場所です。仮に同僚やチームに男性がいない
場合でも、他の部署・取引先・宅配業者・職場の人のお知り合いなどなど、職場に現れる
すべての男性を一度見直してください。意外な発見があるかもしれません。

常にアンテナをはっておけば意外なところに、お相手はいるものです。

2.趣味のサークルで相手を探す


職場にいい人がいないのであれば、プライベートで出向く場所に目を向けてみましょう。
趣味があれば定期的に顔を出すサークルがあるかもしれません。
そこにいる男性を見渡してみてください。趣味以外の話を深くしていないだけで意外と話すと
気が合うかもしれません。それに趣味が合えば、話が弾み一緒にいると楽しい時間を過ごせる
パートナーになれるでしょう。
そこにいる男性の中から見つからなくても、仲良くなれば、またその友達と広がっていきます。
掘り下げてみる価値はありそうです。

ただし、趣味に没頭しすぎて仕事がおろそかになっていないかどうかは見極める必要がありそうです。

3.合コンで相手を探す


仕事と家の行き来で趣味などで集まる場がないという人は、手っ取り早いのは合コンです。
合コンはセッティングしてくれる人さえいればすぐに出会いの場ができます。
お酒も入ればほろ酔いで、急接近しやすく彼氏ができる確率もあがります。
しかも合コンといえばだいたい、飲み会+カラオケやボーリングといったイベント事になっています。
また、女性側は友人や知人であることも多いので、気になる人が見つかれば友達に協力してもらい、
連絡先交換や、お近づきのチャンスを作れることもあります。

ただし、合コンの場合は相手があなたを本当に彼女候補として相手しているのかその場限りの遊び相手として
扱われているのか見極める必要があります。
また、一緒に参加する女友達も彼氏募集中であれば、友達と同じ相手を選ばないようにしなければならないという
点はデメリットかもしれません。
普段から男性の趣味が合わない友達と参加したほうが、トラブルになる可能性が低いですね。

4.街コンで相手を探す


もしあなたが、多くの人と一気に出会いたいのであれば、街コンを利用するのも1つの手でしょう。
街コンは合コンよりも、相手も結婚を前提として参加している場合が多いのでその場限りの遊び相手として
品定めされている可能性は低いでしょう。一部の人は、友達作りに来ている人もいるようですが、合コンよりは
安全でしょう。また、企業が運営している婚活パーティーなどよりも参加費用が安いことも多いので、
友人を誘って気軽に参加できます。
地方自治体などが開催しているケースも多いので、何よりも魅力的なのは、自分がお嫁に行きたい地域を選んで
そこの街コンに参加できることです。もしその街コンで実際にいい人が見つかって結婚できれば、希望の地域に
永住できるかもしれません。これは女性特権かもしれませんね。
家業などがある男性はなかなかその土地を離れられないケースもあります。

ただし、自分の地元で開催している街コンに参加する場合は地元の人に知られてしまいます。
婚活を極秘で行いたいのであればおすすめではありません。
また、嫁ぎ先エリアを限定されたくない場合は利用しない方がいいでしょう。
ただ出会いがなさすぎて、異性の知り合いを増やしたいと思う人は参加してみてもいいかもしれません。

5.婚活パーティーで相手を探す


すぐにでも結婚をしたい!ということなら、婚活パーティーが1番いいですね。
婚活パーティーの良いところは、たくさんの男性に出会うことができますし、なんといっても
あなたが結婚で相手に求める条件を聞きやすいところです。
あなたが相手に求める理想・条件を自由に質問できますし、相手もそれを前提に参加していますので
嫌な感じはしません。もし友達との飲み会などで相手の年収などを質問した場合は、きまずい雰囲気に
なるかもしれませんが、婚活パーティーでは堂々と質問できるでしょう。
また、納得いかなければ次々と候補の男性を探すことができます。
普段出会わないようなエリート男子とも出会えるかもしれません。

ただし参加費用が高かったり、会員制の婚活サイトに登録していなければ参加できない場合などもあるので
よく調べてから参加しましょう。
また、恋愛とはちょっと違い、本気で結婚相手を探しに行くので胸キュンは少ないかもしれませんね。

6.ネット婚活で相手を探す


なんだかパーティーに参加するのは気が引けるようであれば、SNSを使ったネット婚活はいかがでしょうか。
自宅にいながら婚活できますし、世界中の人を探すことができます。
まずは自分がオープンに情報を開示し、世界中の人と友達になって輪を広げていきましょう。
国際結婚を希望している人や、普段出会えないような人とも気軽に話せるのがSNSの良いところです。
今どきは芸能人とも会話できたりしちゃいますから、本当にすごいですよね。

ただし、ネットでの新たな出会いは顔が見えない分危険も伴います。
むやみに近づくのではなく、まずは現実での自分の友人・知り合い、そこからその友人・知り合いへと広げていくのが
良いでしょう。
また婚活だからと鼻息荒くSNSに没頭しても、投稿量があまりにも多かったり相手にとって不快な内容ばかりをUPしてしまうと
逆に印象が悪くなってしまうこともあるので、注意して利用しましょう。

彼氏を作るためのまとめ

いかがでしたか?
彼氏が欲しいのにできず、願ってもいないおひとり様女子状態の方は一度自分の行動を見直してみるのもいいかもしれません。

ほんのちょっとの隙と、出会いのチャンスをつかめばきっと素敵なパートナーを見つけることができるはずです。